Spare Times

暇な時に書きます

「共感」を作る仕事って、なんだろうね。

「共感」について考えるきっかけになったのは、5月4日に投稿された國分功一郎さんのツイートでした。

 

 

 

この近接性について考えねばと思ったのは、國分氏の言う書き物(小説なども含む書物)、あるいはインターネットメディアやマスメディア、そして音楽の世界をも横断している問題だと思ったからです。改めて周囲を見渡してみましょう。そこにあるのは「我々と身近で」「自分の問題でもあり」「(他者だけではなく)私たちにも関係のある」ことがらだけです。少なく見積もっても、ほとんどのアウトプットは私たちの身の回りにある出来事ばかりなのです。私たちは日々、身近なものについて感覚を刺激されながら一喜一憂している。しかしそれは是なのか?

 

想像力が貧困であってもよいという前提に立っている

 

國分氏のいうこの前提で、話をしようとしてはいないか?

紙のメディアやWebのメディアを見ていると、最近は著者自身の熱量のこもった文章がどんどん削られていっているように思います。ここでの熱量の定義は、その記事にかける気持ちみたいな安直なものではなく、書き手の内側の汚れた部分(=他人には引かれてしまうような思いっきり個人的な重たい気持ち)を指しています。それがめっきり減ってしまって、ほとんどの記事からは熱量を感じることができなくなってしまいました。本当の意味での文体はほとんど残っていません。安い紙でコピーされた薄っぺらい文体しかない。

 

他人から見ると、個人の重たい気持ち・想いって、たぶんまったく共感できることではなくノイズになってしまうものです。つまり「身近」であることがあらゆる場で求められ始め、書き手の熱量のベクトルが全く別の方向に変わってしまった。

 

話題に上がるのはもちろん読者の感情が触れやすいものですし、「すごいね」「面白い」となるものです。でもそれって前提にあるのは想像力が貧困でいいってことですよね。酔ってきた。

 

これを受けて思ったのが、(日本の)ロックバンドの歌詞のほとんどが「身近」「自分の問題」を語っているだけということです。もうロックに限る必要はないのかもしれません。音楽は歌い手の周辺の物事で完結してしまっている。貧困な想像力に訴えかけることで「共感」を得るだけになっている。数多くいるアーティストの需要が細分化されるのは、この共感したリスナーをそれぞれ取り込んでいるからで、イコール大きな物語を読ませることができていない。だから大きなヒット作品も生まれない。アリーナを埋めるアーティストが、もう一方ではその存在くらいしかしられていない。

 

僕はリリックや文章などに対する安易な「共感」という言葉がマジで嫌いなのですが、それは「読み手(聴き手)の想像力が貧困であってもよい」という前提があって、貧困な想像力にフックをかけて釣っているだけだからです。そもそも共感って非常に立体的な感情ですよね。あらゆるものにシンパシーを感じることができないのは、共感がそれだけ複合的なもので形成されているからです。すごくバカみたいな表現をしますが、例えば“安い共感”と”高い共感”があるとします。今起きていることは、身近な事柄を「想像力が貧困な他者」に語りかけて、“安い共感”を得ているだけです。とても軽い。

 

この安い共感を切り売りして得られるものは、端的に言ってPVだったり、いいね!だったり、時として実売やDLだったりすると思うのだけれど、そこに本当に「エモーション」は存在しているのかという哲学的問いについて考えなければならない。感情とは何か。感情って何ですか。いや、考えるだけ無駄で、そこにエモーションはない。

 

知人のカルチャー誌編集長に、「最近注目しているロックバンドはいますか?」という質問をしたら「みな身近なことばかり歌うので最近注目しているロックバンドは日本にはいません」と返ってきたことがありました。たぶん國分さんの言ってる内容と意味は同じで、

“近く”ないと想像できない知性の現状を何とかしようとしていない

のだと思うんです。大きな問題を完全に無視してしまっている。それはアウトプット側のものではなく、個とは別の事象としての大きな問題です。そこに触れているバンドっていましたっけ?いたら教えてください。よしなに。

 

あ、あとこの「世界のイメージ」という文章は分かりやすいっす。

 

 f:id:karasumaoike1989:20170510020741j:image