Spare Times

暇な時に書きます

いまさら時効警察の話をしよう

いまさらする。時効警察は2006年の金曜深夜に放送されるとジワジワと口コミで人気を集め、放送終了後も再放送でその都度人気を獲得していった名作ドラマである。

 

カメレオン俳優・オダギリジョーの神髄を見ることができるコメディロマンティックミステリーで、そのだるんだるんとした脱力さは、夜中にビールでも飲みながらゆったりと見るのに最適化されている。ヒロインの麻生久美子は本作以前までのイメージ「神秘的なオーラに包まれた美女」を、時効警察で挑んだコミカルな演技で覆し、女優としての幅を大きく広げた。麻生の転換期となる作品でもある。

 

シチュエーションや会話の至るところに小ネタを入れ込んでゆく三木聡の世界。その他監督たちも各々の個性を残しつつ、この世界を構築している。万人ウケする面白さというよりも、どちらかといえば見る人を選ぶという感じだが、それでも万人が見ても面白いと思う。

 

ケラリーノ・サンドロヴィッチ岩松了園子温など、錚々たる監督陣それぞれの作り出す世界を堪能できるのも醍醐味のひとつ(続編の「帰ってきた時効警察」8話では、オダギリジョーが監督を務めている)。加えて、犯人として登場する豪華ゲスト俳優陣にも注目されたし。シーズン1、2通して、メインゲストは池脇千鶴永作博美杉本彩など女優が中心だが、サブゲストとして味やクセのある俳優陣が脇を固める(笹野高史温水洋一佐藤蛾次郎松尾スズキなど。園子温監督の6話では、デビュー当時の吉高由里子も登場)。

 

さらにこのドラマにはもうひとつ、大きな見所がある。それはオダギリジョー扮する主人公の霧山修一朗が身に纏う「モッズ」ファッションである。モッズとは1960年代前後にイギリスの労働者階級の若者から生まれたカウンターカルチャーで、現在でも「モッズコート」としてその名が残っているほど。当時のファッションシーンでは大きな影響力を持っていた(その後、割とすぐ廃れた)。ファッションの観点からも、ぜひ時効警察というドラマを楽しんで欲しい。

 

時効警察 DVD-BOX

時効警察 DVD-BOX