Spare Times

暇な時に書きます

人生の指針

人生にはいくつもの選択肢があると国語の教師が言っていた。人生にはあらゆるタイミングで、「選択」を行わなければならない局面が訪れる。得てして、我々はこうした選択に直面した時、明確に選択肢を定めることが非常に難しい。あれがいい、これがいいとすごく悩む。例えば学生時代はお金を稼ぐための「アルバイト」をなににするか、そして、どこに「就職」するかなどである。※進学のような、偏差値という指標があるような選択については言及しない

誰でも悩むのは当たり前なので、せめて取捨選択をするときに一番手っ取り早い方法をご活用頂きたい。それは両親に、両親がいない方は祖父母に、あるいは兄弟姉妹に、もしくは親戚に対して、その選択したものについて胸を張って言えるかどうか、という判断基準だ。親は人生の指針であり続ける。