Spare Times

暇な時に書きます

客引きに絡まれました

 昔の話。友人と深夜の歌舞伎町をぶらぶら歩いていると、どうしてもたくさんの客引きがいる場所を通らざるを得ない状況に直面した。もう行くしかないと思い、少し酔っていたのもあって、話しかけてくる客引きに対し、お店に行く気もないのに「へぇ〜そうなんですね。どんなサービスがあるんですか?」だとか、「お兄さんはおいくつなんですか?出身は?今どこに住んでいるんですか?」などといった質問を投げかけていた。こういうのは、あまり嫌いではない。気さくな彼らはどんどんボールを投げ返してくれるので、思いのほか楽しい時間を過ごすことができた。歌舞伎町の客引きはそれほど粘り強いというわけではないし(※新橋の客引きは1km以上粘ります)。

 

 聞けば、彼らの多くは20代前半から30代前半くらい。夕方18:00くらいから早朝にかけて路上に立ち、強引すぎない程度に(時に強引に)お客を店に誘い込む。店は普通の居酒屋もあるが、もちろん風俗関係が圧倒的に多い。話を聞いたところ、「まあそこそこ稼げるし、自分たちも風俗で遊ぶことが大好きだからやっているんだよ」と、ものすごく純粋な顔で言っていた。これが欲望の街のあるべき姿なのかと思った。人間は、他人の欲望を直視すると引いてしまうものだが、嫌な気はこれっぽっちもしなかった。まあ結局こちらは話すことが目的で、話し終わると「すみません、今日は映画を観に行くのです」と言って断る。嫌な顔をするが、結局解放してくれる。

 

 客引き界(?)には、若い客引きのほかに、少数ではあるが40歳をこえた客引きがいる。彼らが客を引く時は、独特の空気を作り上げる。若さにまかせたハツラツさと、めまぐるしいしゃべりで勝負する若手客引きたちとは異なり、いつまでも穏やかで囁きかけてくるような客引き術を駆使する。それを聞くと、「この人の紹介してくれるお店なら安心だ」という気持ちが出てくる。それが年老いた彼らの戦術なのか、多くの客と出会い、話す中で構築されていったものかはわからない。

 

 そうしたおっさんの客引きと話をする際、彼らを「客引き」とひとくくりにして接してはならない。彼らはあくまで「接客業」の人たちなのだ。繁華街にいくと、私たちは気分が高揚するし、もちろんお酒を呑んでいて酔っぱらっていることも多々ある。それは繁華街にいる上で、圧倒的に正しい行為だ。ただ、そんななかで話しかけてくる彼らに対して、どこか雑にあつかったり、からかったり、バカにしたりと、周囲を見渡すだけでそんな光景が多々見られる。前述したように、彼らは客を引いてくることが仕事であり、そのために多大な労力を使う(今はもう冬だし外は寒い)。もちろん客引きが大量にいるエリアで引くわけなので、なかなか引っ張ることができない場合が多いと思う。そんな彼らをからかうような行為は、当然怒りを買う。血の気の多い若い客引きなら、暴力事件に発展することだってある。客引きを邪険に扱う前に、こうしたことを考えなければならない。その街で、「お客様は神様」ぶってはいけないことを。

 

 ということを客引きのおじさんに教えてもらいました(というかガチで怒られました)。からかってごめんなさい、まがさしたんです、お酒も入っていたし、みんなノリがいいんだもん……。この繁華街近くの交番の前を通ると、「昨日の死者 1人」「昨日の負傷者 109人」と書いてあって、ぞっとしたのを覚えています。