読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spare Times

暇な時に書きます

signature

自分はサインコレクターで、家に大量のサインがあります。でもなんで集めてるのかあまり深く考えていなかった。んでこの間「なんでサインをしなければいけないか理由を言ってください」と言われて、ずっと考えていた。その時は答えられなかったから。

売ってお金にするつもりはもちろんない。おそらく本でもCDでも、サインをしてもらう時間に生まれる(つまり、すでにサインの入ったものでは意味が違ってくると思う)、短い時間だからとてもうわべだけの、でもたぶん一生できないであろう「会話の記憶」が、サインを入れてもらうモノに、お金とは別の付加価値を付けてくれる。

それで、実際にCDを聴くときとか本を読む時に何回もその会話を思い出す訳じゃないですか。エレベーターで短い時間一緒になった時の会話とか、ライブ会場でアドレナリンドバドバ状態でしゃべった意味の通じない話とか。そういうものを思い出すことができるのがサインだと思うんですよ。

だから今度から「なんでサインしないといけないの?」と言われたら、「この瞬間を記憶するためです。家に帰って反芻するためです」と答えたいと思っています。これが答えです。