Spare Times

暇な時に書きます

降車ボタンを押さなかったら

いろんな人と出会えるのは、やっぱりこの世界に入ってよかった点だ。いろんな人と会えるけど、たいてい向こうは僕のこと嫌いだからそそくさといなくなるのがここ3年くらいの悩みです。

 
そして、いろんな人と出会う代わりに、昔の友達やを忘れていく。小学生の時に毎日遊んでいた友達とは、もう10年以上会っていない。顔も思い出せない。あっちから連絡もない。たぶん死ぬまで会うことはないと思う。ただ、これをさみしいとは思わない。
 
facebookの友達に上限があるように、たぶん実際の友達にも上限があって、定期的に減らさないといけないんだなと思う。アーティスト・藍坊主の楽曲「降車ボタンを押さなかったら」に、「知り合いはだんだん増えたけれど、友達とはだんだん疎遠になってったりね」というフレーズがあって、知り合いばかりが増えていって、友達はやっぱり減っていくのかも知れないと考えたら、少しだけ、また会いたくなった人がいた。