読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spare Times

暇な時に書きます

ベンチャーと人脈

今日だったか昨日だったか忘れたけど出社しようとして歩いてたら会社近くのビルで選挙演説ばりの声出しをして名刺を配っている若者(32歳くらい)がいた んですけど「今年から独立しました!今は社長とぼく2人だけのまだまだ小さなベンチャーなので人脈を作っています!ぜひ名刺を交換してください!」と言い ながら手当たり次第スーツを着てるビジネスマンに話しかけていて時間も時間だし気温も気温だしみんなイライラしてるから話しかけるのやめろ邪魔だどけとい う表情とジェスチャーで断りまくっている光景をみながらまあ自分は小汚い格好をしているし話しかけられることはないだろうなと思いながら通り過ぎようとし たところ「すいません!」とただでさえクソ暑いのにクソ熱いテンションで話しかけられたのでいちおう無視するのは悪いなという善意が出てしまって先ほどの 様子を見ていたから「人脈ですか?」と直接的に尋ねたところ「人脈です!」と返され「人脈ですか……」と少し嫌そうな顔をしたにもかかわらず「今年から独 立しました!今は社長とぼく2人だけのまだまだ小さなベンチャーなので人脈を作っています!ぜひ名刺を交換してください!」というどこかで聞いたことのあ るセリフが飛んできたのでなんかこういうシチュエーションあったな……と思って記憶の埃をはらってみるとそういえば奥田民生が95年にリリースした「愛の ために」という曲の冒頭に「となりの席ではフケた男が さんざんからんで人生語るどっかで聞いた事ある話だ 思えばあいつは昨日も来てる」だ!というあんまり関係ない歌を思い出して奥田民生を聴きたくなったんだけどそれはおいといて何かあの若者(推定32歳)に 返事しなきゃと思い「あの……名刺交換自体は人脈作りに効果的だと思いますがたとえばあなたが名刺を渡される側だとしてこうした形で渡された名刺をどう扱 いますか?個人的な意見で大変恐縮ですがぼくだったら単純にあやしいなあと思うんですよ例えば人脈をつくりたいならどういう人脈を作りたいかを最初に決め てそういう人が集まるセミナーとかにいって名刺を交換した方がここでやるより効果的では……」と言ったら「あっ…(こいつめんどくさっ)」みたいな動作を してほなさいなら〜をされたんですけどベンチャーっていうのは荒れる海原に船を出す感じで大変だし彼好みのワールドオブワールドが見つかればいいし雨にも 風にも夏にも負けずに明るい日本の見本となってくれたらいいなあと思いながら汗だくになって出社しました。