Spare Times

暇な時に書きます

潔癖症です

過剰な清潔社会と他者排除の関連について少し考えている。「清潔社会」に関する先行研究や新聞記事、学術雑誌などには、その結果としてアレルギーに弱くなった人が増えたというような、身体的な影響についての記述が多くみられた。

 

しかし同時に精神的な面ついての言及では、他者排除につながるのではないか、という懸念も述べられています。僕は理系ではないのでアレルギーや菌のことについてはよく分からなかったけれど、排除というのはなんとなくイメージできた。

 

清潔と排除というと、一見相関関係すらもないように見えますが、清潔に区画された団地で起きた事件や、 学校でのいじめ事件、浮浪者を襲撃する事件を見ていると(赤坂の『排除の構造』など)、そこには危うさのある、異物排除の構造が見え隠れしていると感じます。

 

自分の身体のにおいを無臭化してしまう社会、 他人を触ったものをも否定してしまう社会では、生のぬくもりが感じられず、現実性のない、虚構の社会に生きているという不安に襲われるのではないのかな、ということを考えています。そして、その虚構性こそが他者排除へつながるのではないだろうかと。この過剰清潔になった社会によって引き起こされる、排除の問題はとても興味深いと思うので勉強していきます。

編集者のメディア・ガイド(烏丸おいけ編)

  • イベント登壇:1000円〜/2h
  • イベント司会:2000円〜/2h
  • (メディア)コンサルティング:3000円〜/2h 
  • ブレスト参加:2000円〜/1h
  • クリエイター紹介:30000円〜/1人
  •  撮影:200円/3h  ※写ルンです
  • イラスト:1000円/1点
  • ラジオ出演:2000円/2h
  • カラオケ:5000円/2h〜
  • 飲み会:5000円/2h〜
  • 本を売る:500円/1冊〜

執筆 10000円〜/1記事    

面白そうだったり、知人の依頼ならばディスカウント及び無料でやります。

編集 7000円/1記事

面白そうだったらディスカウント及び無料でやります。

献本
DMに連絡ください。

 

大事なのはお金ではありません!心です!私たちは言葉を持った人間、言語によるコミュニケーションはお金さえ超えてしまうのです!クライアント様は神様。また、ツイッター以外からの連絡には一切応じません!ツイッターで宜しくお願い致します!ツイッターツイッターツイッター!@oikekarasuma

意見交換会

数年前のこと。雨の新宿を濡れながら歩いていたら道を聞かれたので、良かれと思って相手も自分も濡れながら1時間くらい教えてあげていたら、なぜかその後で意見交換会をすることになった。最近はしていないが、たまにメシを食ったりする。

 

今日は新宿で外国の人に道を聞かれて目的地まで連れて行ってあげたら、一緒にメシを食うことになった。こんなことが、良いか悪いかは置いといて、よくある。この新宿という街の持つ混沌さは様々なもの、というか関係性を包摂する。そして私たちは新宿に沈殿して、また混ざり合う。

f:id:karasumaoike1989:20170518014424j:image

嗚呼、向井太一くん

向井太一氏のアルバム『24』で特筆すべき点は2曲目の『STAY GOLD』にある。「共感」(ここでは言葉の再生産について指摘があるが、つまり言葉の軽さを示している)そのことについて、ややシニカルに書かれた向井のリリックは“流れていく時代の中で その言葉で その音で 何が伝わるの?”のフレーズから、重みのない言葉や音についての問題提起をする一方で、詩の最後にあるこのフレーズ、“この言葉で この声で そこまで届くまで”からは、葛藤しつつ、もがきながらも、ある決意をした向井の心情を見出すことができる。リリックとメロディとの見事な調和で完成したのは、甘さやクールさなど感じさせない、向井太一の秘める「熱」、あるいは「怒り」から成り立つ力強い楽曲。2017年以降のカルチャーシーンで、自分の立ち位置を確立してしまうことは自明、そしてそれだけに止まらない向井太一のおおいなる才能を、まざまざと見せつけられた。

 

24

24

 

 

 

ザイル系集団

眠いのでInstagramを見ていた。

地元の同級生にザイル系がいるのだが、卒業して一度も会っていないのにフォローされフォローバックしたため、ザイルの生活がタイムラインに流入してくる。ザイルと呼ぶ。

 

ザイルの写真(つまり生活)は3パターンに分けられる。1つは上半身の露出。ジムに行っている時などによく見られる。次に、スーツを着て社長風の人たち(HIRO似)と肩を組んだまさにEXILEな写真。最後は、これが1番多いのだが10人規模でのパーティで、マキダイや関口メンディ、HIROのようなザイル系がいる。

 

プロフィールにはfreedomと記載されている。苫米地英人の本をよく読んでいる。ほとんどすべての写真には自分が写っている。モデルと名乗っている(モデルのような写真はない)。

 

実態のよく分からないあの感じ、高める意識の方向を間違えているあの感じ、外面だけを気にしたハリボテのようなあの感じ。EXILE、および彼らのフォロワー・ザイル系が示すのは、今の日本の空気だ。たぶん。

新社会人が読んだら良さげな5冊を紹介するよ

新年度ということで今年も若い芽を積極的に潰していく所存ではございますがその一方で、若い芽を育てていく年齢になったので指導鞭撻をしなければなりません。もう27歳、ただのアラサーです。夢もなければ希望もない、あるのは富と名声だけが欲しいという「欲」のみ。こんな大人になってしまわないよう、きちんとした社会生活を送る手助けができればと思います。じゃあいくよ。

 

 『入社1年目の教科書』

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 新卒入社ではなく転職での入社のさい、試しにKindleで購入して読んでみたのですが新卒にも転職組にも役立つテーマ(ex.提出物は悩むな早く出せ)が多々あるのでまず最初にこの本を読んでから業務に臨むと「おおっ、若いのに分かってるな」となるでしょう。

 

 『たった一人の熱狂』

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

 

 心のエナジードリンクです。「圧倒的努力」により「圧倒的成果」を出すことなど書かれていますが、一冊を通してとにかく見城徹幻冬舎社長)がケツを蹴り続けてくれるので自然と「ジブン…デキル……あれ、なんでやらなかったの…? 自分のバカ! 」となります。

 

 『新しい文章力の教室』

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

 社会人になったら嫌でも「書く」こと、しかもそれなりに高いレベルでの書くことが求められます。高いレベルというのは誰にでも読める文章であり、正しい文章という意味。大半の人は文字を書くことが嫌いだと思いますが、1から分かりやすく教えてくれるこの本を読み終わった後、あなたはLAMYのペンを買っているはず。

 

 『考える技術・書く技術』

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 

 これはアウトプットのための論理的な思考法がメインに書かれている大全的なもので、「書くこと」を含めあらゆる思考のアウトプットに役立つので多少お金はかかりますが買いましょう。損はない。

 

 『夢、死ね!』

タイトルの過激さとは裏腹に、現実をとにかく見つめることについて書かれた名著ではあるまいか。そうです、ほとんどの仕事はつまらないんです。仕事に夢を持つんじゃなくて、設定した目標に向かって地道に歩き続けてください。

 

 +1冊 『伝え方が9割」

伝え方が9割

伝え方が9割