Spare Times

暇な時に書きます

意見交換会

数年前のこと。雨の新宿を濡れながら歩いていたら道を聞かれたので、良かれと思って相手も自分も濡れながら1時間くらい教えてあげていたら、なぜかその後で意見交換会をすることになった。最近はしていないが、たまにメシを食ったりする。

 

今日は新宿で外国の人に道を聞かれて目的地まで連れて行ってあげたら、一緒にメシを食うことになった。こんなことが、良いか悪いかは置いといて、よくある。この新宿という街の持つ混沌さは様々なもの、というか関係性を包摂する。そして私たちは新宿に沈殿して、また混ざり合う。

f:id:karasumaoike1989:20170518014424j:image

嗚呼、向井太一くん

向井太一氏のアルバム『24』で特筆すべき点は2曲目の『STAY GOLD』にある。「共感」(ここでは言葉の再生産について指摘があるが、つまり言葉の軽さを示している)そのことについて、ややシニカルに書かれた向井のリリックは“流れていく時代の中で その言葉で その音で 何が伝わるの?”のフレーズから、重みのない言葉や音についての問題提起をする一方で、詩の最後にあるこのフレーズ、“この言葉で この声で そこまで届くまで”からは、葛藤しつつ、もがきながらも、ある決意をした向井の心情を見出すことができる。リリックとメロディとの見事な調和で完成したのは、甘さやクールさなど感じさせない、向井太一の秘める「熱」、あるいは「怒り」から成り立つ力強い楽曲。2017年以降のカルチャーシーンで、自分の立ち位置を確立してしまうことは自明、そしてそれだけに止まらない向井太一のおおいなる才能を、まざまざと見せつけられた。

 

24

24

 

 

 

「共感」を作る仕事って、なんだろうね。

「共感」について考えるきっかけになったのは、5月4日に投稿された國分功一郎さんのツイートでした。

 

 

 

この近接性について考えねばと思ったのは、國分氏の言う書き物(小説なども含む書物)、あるいはインターネットメディアやマスメディア、そして音楽の世界をも横断している問題だと思ったからです。改めて周囲を見渡してみましょう。そこにあるのは「我々と身近で」「自分の問題でもあり」「(他者だけではなく)私たちにも関係のある」ことがらだけです。少なく見積もっても、ほとんどのアウトプットは私たちの身の回りにある出来事ばかりなのです。私たちは日々、身近なものについて感覚を刺激されながら一喜一憂している。しかしそれは是なのか?

 

想像力が貧困であってもよいという前提に立っている

 

國分氏のいうこの前提で、話をしようとしてはいないか?

紙のメディアやWebのメディアを見ていると、最近は著者自身の熱量のこもった文章がどんどん削られていっているように思います。ここでの熱量の定義は、その記事にかける気持ちみたいな安直なものではなく、書き手の内側の汚れた部分(=他人には引かれてしまうような思いっきり個人的な重たい気持ち)を指しています。それがめっきり減ってしまって、ほとんどの記事からは熱量を感じることができなくなってしまいました。本当の意味での文体はほとんど残っていません。安い紙でコピーされた薄っぺらい文体しかない。

 

他人から見ると、個人の重たい気持ち・想いって、たぶんまったく共感できることではなくノイズになってしまうものです。つまり「身近」であることがあらゆる場で求められ始め、書き手の熱量のベクトルが全く別の方向に変わってしまった。

 

話題に上がるのはもちろん読者の感情が触れやすいものですし、「すごいね」「面白い」となるものです。でもそれって前提にあるのは想像力が貧困でいいってことですよね。酔ってきた。

 

これを受けて思ったのが、(日本の)ロックバンドの歌詞のほとんどが「身近」「自分の問題」を語っているだけということです。もうロックに限る必要はないのかもしれません。音楽は歌い手の周辺の物事で完結してしまっている。貧困な想像力に訴えかけることで「共感」を得るだけになっている。数多くいるアーティストの需要が細分化されるのは、この共感したリスナーをそれぞれ取り込んでいるからで、イコール大きな物語を読ませることができていない。だから大きなヒット作品も生まれない。アリーナを埋めるアーティストが、もう一方ではその存在くらいしかしられていない。

 

僕はリリックや文章などに対する安易な「共感」という言葉がマジで嫌いなのですが、それは「読み手(聴き手)の想像力が貧困であってもよい」という前提があって、貧困な想像力にフックをかけて釣っているだけだからです。そもそも共感って非常に立体的な感情ですよね。あらゆるものにシンパシーを感じることができないのは、共感がそれだけ複合的なもので形成されているからです。すごくバカみたいな表現をしますが、例えば“安い共感”と“高い共感”があるとします。今起きていることは、身近な事柄を「想像力が貧困な他者」に語りかけて、“安い共感”を得ているだけです。とても軽い。

 

この安い共感を切り売りして得られるものは、端的に言ってPVだったり、いいね!だったり、時として実売やDLだったりすると思うのだけれど、そこに本当に「エモーション」は存在しているのかという哲学的問いについて考えなければならない。感情とは何か。感情って何ですか。いや、考えるだけ無駄で、そこにエモーションはない。

 

知人のカルチャー誌編集長に、「最近注目しているロックバンドはいますか?」という質問をしたら「みな身近なことばかり歌うので最近注目しているロックバンドは日本にはいません」と返ってきたことがありました。たぶん國分さんの言ってる内容と意味は同じで、

“近く”ないと想像できない知性の現状を何とかしようとしていない

のだと思うんです。大きな問題を完全に無視してしまっている。それはアウトプット側のものではなく、個とは別の事象としての大きな問題です。そこに触れているバンドっていましたっけ?いたら教えてください。よしなに。

 

あ、あとこの「世界のイメージ」という文章は分かりやすいっす。

 

 f:id:karasumaoike1989:20170510020741j:image

ザイル系集団

眠いのでInstagramを見ていた。

地元の同級生にザイル系がいるのだが、卒業して一度も会っていないのにフォローされフォローバックしたため、ザイルの生活がタイムラインに流入してくる。ザイルと呼ぶ。

 

ザイルの写真(つまり生活)は3パターンに分けられる。1つは上半身の露出。ジムに行っている時などによく見られる。次に、スーツを着て社長風の人たち(HIRO似)と肩を組んだまさにEXILEな写真。最後は、これが1番多いのだが10人規模でのパーティで、マキダイや関口メンディ、HIROのようなザイル系がいる。

 

プロフィールにはfreedomと記載されている。苫米地英人の本をよく読んでいる。ほとんどすべての写真には自分が写っている。モデルと名乗っている(モデルのような写真はない)。

 

実態のよく分からないあの感じ、高める意識の方向を間違えているあの感じ、外面だけを気にしたハリボテのようなあの感じ。EXILE、および彼らのフォロワー・ザイル系が示すのは、今の日本の空気だ。たぶん。

新社会人が読んだら良さげな5冊を紹介するよ

新年度ということで今年も若い芽を積極的に潰していく所存ではございますがその一方で、若い芽を育てていく年齢になったので指導鞭撻をしなければなりません。もう27歳、ただのアラサーです。夢もなければ希望もない、あるのは富と名声だけが欲しいという「欲」のみ。こんな大人になってしまわないよう、きちんとした社会生活を送る手助けができればと思います。じゃあいくよ。

 

 『入社1年目の教科書』

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 新卒入社ではなく転職での入社のさい、試しにKindleで購入して読んでみたのですが新卒にも転職組にも役立つテーマ(ex.提出物は悩むな早く出せ)が多々あるのでまず最初にこの本を読んでから業務に臨むと「おおっ、若いのに分かってるな」となるでしょう。

 

 『たった一人の熱狂』

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

 

 心のエナジードリンクです。「圧倒的努力」により「圧倒的成果」を出すことなど書かれていますが、一冊を通してとにかく見城徹幻冬舎社長)がケツを蹴り続けてくれるので自然と「ジブン…デキル……あれ、なんでやらなかったの…? 自分のバカ! 」となります。

 

 『新しい文章力の教室』

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

 社会人になったら嫌でも「書く」こと、しかもそれなりに高いレベルでの書くことが求められます。高いレベルというのは誰にでも読める文章であり、正しい文章という意味。大半の人は文字を書くことが嫌いだと思いますが、1から分かりやすく教えてくれるこの本を読み終わった後、あなたはLAMYのペンを買っているはず。

 

 『考える技術・書く技術』

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 

 これはアウトプットのための論理的な思考法がメインに書かれている大全的なもので、「書くこと」を含めあらゆる思考のアウトプットに役立つので多少お金はかかりますが買いましょう。損はない。

 

 『夢、死ね!』

タイトルの過激さとは裏腹に、現実をとにかく見つめることについて書かれた名著ではあるまいか。そうです、ほとんどの仕事はつまらないんです。仕事に夢を持つんじゃなくて、設定した目標に向かって地道に歩き続けてください。

 

 +1冊 『伝え方が9割」

伝え方が9割

伝え方が9割

 

ファックでソウルなブック

会社員である私だが、週末はフットサルやオシャレなバーでのビリヤード・ダーツ、あるいはウクレレ教室に通ったり……することはなく、ほとんど趣味というものを持ち合わせていない。というか熱中できるものがない。それでも何か趣味のようなものはなかったかな、と考えた結果、1日1回は書店に足を運んでいることを趣味と呼んでも良いんじゃないかと考えるようになった(もう、無理やりである)。

 

1日1回ということは年間365回、仕事を始めてからは、書店の営業時間内に業務が終わらないこともあるので、回数を指標にしている。例えばあまり行くことが出来なかった月は1日で8店舗ほどに足を運んで回数を稼ぐくらい熱中しているから完全に趣味。最初は良書を探す目的で行っていた本屋に、今では365回行ったという経験が欲しいがための手段となっているのは、なんだか本末転倒な気もするが完全に趣味なので全然問題ない。

 

なぜ毎日行くかといえば、前述したように良書を求めたり、消費欲を満たしたり、もちろん、ずっと買っているマンガや雑誌を手に入れるためだけど、一番の理由は人の手垢がほとんど付いていない新刊の匂いが好きだからかもしれない。個人が経営する古書店の年季が入った本の匂いや、古本のチェーン店の手垢の匂い、それから図書館の本の匂いも好きだけど、あの新刊特有のそれに比べると、毎日嗅ぐのは憚られちゃう。