読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spare Times

暇な時に書きます

いまさら時効警察の話をしよう

いまさらする。時効警察は2006年の金曜深夜に放送されるとジワジワと口コミで人気を集め、放送終了後も再放送でその都度人気を獲得していった名作ドラマである。

 

カメレオン俳優・オダギリジョーの神髄を見ることができるコメディロマンティックミステリーで、そのだるんだるんとした脱力さは、夜中にビールでも飲みながらゆったりと見るのに最適化されている。ヒロインの麻生久美子は本作以前までのイメージ「神秘的なオーラに包まれた美女」を、時効警察で挑んだコミカルな演技で覆し、女優としての幅を大きく広げた。麻生の転換期となる作品でもある。

 

シチュエーションや会話の至るところに小ネタを入れ込んでゆく三木聡の世界。その他監督たちも各々の個性を残しつつ、この世界を構築している。万人ウケする面白さというよりも、どちらかといえば見る人を選ぶという感じだが、それでも万人が見ても面白いと思う。

 

ケラリーノ・サンドロヴィッチ岩松了園子温など、錚々たる監督陣それぞれの作り出す世界を堪能できるのも醍醐味のひとつ(続編の「帰ってきた時効警察」8話では、オダギリジョーが監督を務めている)。加えて、犯人として登場する豪華ゲスト俳優陣にも注目されたし。シーズン1、2通して、メインゲストは池脇千鶴永作博美杉本彩など女優が中心だが、サブゲストとして味やクセのある俳優陣が脇を固める(笹野高史温水洋一佐藤蛾次郎松尾スズキなど。園子温監督の6話では、デビュー当時の吉高由里子も登場)。

 

さらにこのドラマにはもうひとつ、大きな見所がある。それはオダギリジョー扮する主人公の霧山修一朗が身に纏う「モッズ」ファッションである。モッズとは1960年代前後にイギリスの労働者階級の若者から生まれたカウンターカルチャーで、現在でも「モッズコート」としてその名が残っているほど。当時のファッションシーンでは大きな影響力を持っていた(その後、割とすぐ廃れた)。ファッションの観点からも、ぜひ時効警察というドラマを楽しんで欲しい。

 

時効警察 DVD-BOX

時効警察 DVD-BOX

 

 



 

フランスの話

 学生時代、フランスをぶらぶらしていた時期があった。観光客である自分はスリや物乞いにとって格好の餌食だったようで、「ドネ モワ ラルジャン! 」(金を出せ)と言われて追いかけられる日々。あのシャンゼリゼ通りを全力疾走している人間、見たことがあるだろうか。あるならすぐに忘れて欲しい(それは僕です)。こうした悪しき思い出も、その土地を離れてしばらくすると不思議なことにノスタルジアへと変わり、今年は久しぶりにフランスを訪れようと思っている。ふたたび、「ドネ モワ ラルジャン! 」を聞くために。f:id:karasumaoike1989:20170308015550j:image

暇がない人はうんこをしているのか問題。

Webを括弧括りで「ネット」と揶揄する老害よろしく、世の中にはSNSのことを暇なヤツが使う暇つぶしのためのツール、と捉えている人たちがそれはそれはたくさんいます。ずばり言えばまったくその通りなのですが、SNSを使っている人のなかにはセルフブランディングや告知のために利用している方々もいるので、彼らを除く有名人でない人への揶揄・中傷として定義付けるのが正しいでしょう。そうです、有名人ではない私たちは、暇つぶしのためにSNSを活用しているのであります。

 

しかしながら、SNSにはその名の通りコミュニケーションとして役割があるので、ひいては「コミニュケーション=暇人のやること」と少しばかり論理を飛躍させて考えてみると、理解できないことを言っているように思います。だってあれですよ、身近な友人はもとより、会ったことのない遠くの人ともコミュニケーションが取れるなんて、素晴らしいじゃないですか。

 

ある日、 SNSをしない理由として知人がこんなことを言っていました。「Facebookって学校がバラバラになったり、就職で県外にいってバラバラになったり、あるいは海外にいってバラバラになるときに役立つものでしょ? でも私はずっとジモトにいるし、仲の良い友達もずっとジモトにいるの。そりゃあ、中には引っ越した人もいるんだろうけど、「イマ・ココ」で仲良い友達の方が大切じゃあないの? ずっと一緒にいる友達だから、あえてSNSなんてしなくても、直接喋ればいいわけ。ネットを見てる暇があれば、リアルに遊べばいいわけ。わかる? だからネットは暇人の遊びなのよ。現に私は友達と遊ぶのに精一杯で、やる暇すらないのよ。やる気もないけどね(笑)」

 

正論ですね。ここでは少し斜めから見てみることにしましょう。強すぎるつながりは○○といった結末を引き起こす、というのはすでに色々なところで議論し尽くされていると思いますので説明は割愛して、個人的には「一緒にいるから特にSNSでつながる必要は無い」と返されてしまうと、この人はリアルな対面によるコミュニケーションしか楽しめないんだな……、と少し可哀想な目で見てしまうのです。

 

対面でのコミュニケーションは事前に想定されうる情報を共有し、撹拌し、またもと通りに固めることしかできないんじゃないかなと思います。SNS、Webを排したコミュニケーションは単なる内輪話に過ぎない、と言えば言いすぎですが近いです。例えば、個々人の仕事の話や共通の友人の話、思い出話を行うことはできても、ほかのカテゴリーの話はノイズ的にしか入ってきません。ちきりんの愉快な仕事論も、佐々木俊尚さんのステキなお話も入ってきませんし、有名じゃなくても面白い話を持っているコミュニティ外部の人と、ほとんど交わることができないのです。彼らにフォローされて、自分も彼らをフォローしていく。そうすると、シェアされた情報や、リツイート乗ってきた情報は否応無しに目に飛び込んでくることになる。するとどうでしょう。強い対面のつながりで結び合った彼/彼女たちより多様な人との弱いつながり/得体の知れない情報を取り入れることができるのです。

 

この可能性すら自らの手で握りつぶし、そしてそもそもTwitterする暇すらないという人は、うんこしながら日経新聞を読み、読み終わったページでケツをふいているのかな? そんなに時間ないのなら、そもそもうんこすらしてないのかな? あるいは、うんこしながら友達と遊んでるのかな? と心配になります。うんこやおしっこをしたいのに我慢すると、便秘になったり痔になったり、膀胱炎になったりするので、もしもの場合は身近な医療機関に行き、医師の診療を受けてください。特に痔にかんしては、ほっておけば治る、ボラギノールを付ける/注入すると治る、などと一部で言われていますが、基本的には対症療法で一時的に症状が治まっているに過ぎないので、恥ずかしいかもしれませんが、肛門科の門をくぐることをおすすめします。

電球の切れたトイレでうんこをしながら思うこと。

時計は午後11時をまわっている。一人暮らしの部屋に電気はついていない。部屋のドアをあけて、電気のスイッチを押す。

 

家に帰るなりすぐにうんこをしている。すぐにうんこをしたのはわけがあって、その日ずっと、うんこをするのを我慢していた。服が邪魔だ。パンツが脱げない。全裸になって駆け込む。そうだ、トイレの電気をつけ忘れていたから部屋が真っ暗だ。灯りが必要だ。

 

便座から手を伸ばして電気のスイッチを押す。「ヴン!」という音とともに、視界から光が消えた。スイッチは何度押しても機能しない。ブレーカーのレバーは、はるか遠くにある。

 

一番の問題はもうすでに用を足していること。2番目はお腹が痛くなってきたこと。僕はこれからどれくらいの時間、暗闇のトイレで過ごさなければならないのか。映画『グリーン・マイル』のラストシーンが頭をよぎる。僕はまた、うんこをする。

絡み合う、紐解く、絡み合う

 幾重にも絡み合った糸を解きほぐす作業は本当に面倒だ。今日も身支度を整えて玄関に向かい、毎日のように履いてるGeorge Coxのシューズを棚から取り出すと早速シューレースが絡まっている。ほどこうとすればするほど絡まり続けるシューレース。苛立つ自分。絡まるシューレース。絡まる。苛立つ。もう知らん。とシューズ投げ捨てかび臭いVANSをケースから引っ張り出して片足を突っ込んだ頃には乗るはずだった電車の時間がとっくに過ぎていて、待ち合わせに遅刻する。糸よ、俺はお前を絶対に許さない。こんなふうに、絡み合った糸のように解きほぐすことの難しい場面が、私たちの人生には時々ひっそりと訪れる。そのまま固くこじれてこぶになり、二度とほどけなくなることもある。現実の出来事はおしなべて、簡単に紐解くことのできないものばかりだから悲観的にならぬよう。

 

 

 

 

 

 f:id:karasumaoike1989:20170308165728j:image

 

 

正月に何をしたかと言うと

考えてみれば最低2ヶ月に1度は帰っているので久しぶりといった感情もなく、そもそも家が田舎なので誰かと遊ぶために出る気にもならず、家でゴロゴロして寝てゴロゴロして寝てゴロゴロして寝てゴロゴロして寝てゴロゴロして寝てゴロゴロして寝てゴロゴロして寝て、1日5食くらい食べてお腹を一回り大きくし、ローカル番組を観て、お正月番組を観て、迎えにいくと申し出てくれた友達とは焼肉を食いながら地元の現状や友人たちの噂話をして(共通の話題がこれくらいしかないんだな)、犬と遊んで親戚の家に行きまた飯を食い、本をつまみ読みしながら、ああ、もうやり切ったな、でも寂しいな、とか思いながら150%を超えた新幹線車両、しかし私はグリーン車と、ドヤ顔をしながら最寄りの駅まで送ってもらい、さあこれから出発だ!!と意気込んだ矢先、親から「ああ、そういえば○○ちゃん(同級生・初恋・初恋初恋初恋初恋初恋初恋初恋初恋初恋の)、結婚するらしいよ。最近連絡とってる?」という言葉が発せられたその刹那、少し涙がでた。ゆずの歌に初恋の子が母親になるというフレーズがあって「ふーん」と受け止めていたし、別に結婚したいという気もなかったんだけど、結婚をしてしまうことによって失われる物語があるんだと気づいてしまった。そして相手に不幸がなければ、失われたままの……。思い出が、走馬灯。

2017年は毎日なにか書こうと思ったら2日になってしまった。

1/6に夏の魔物のライブがあるからみんなでいこう。