Spare Times

暇な時に書きます

ビリー・ウォルターに花束を

アメリカの作家にビリー・ウォルター(1955年〜1997年)という人がいる。彼は終戦後、わずか10歳前後の時に日本に滞在した経験があるため、日本については多少詳しい。日本語も日常会話程度は話せるとのことで、親日家として知られていた。

 

作風をみても非常にオリエンタルなものを感じさせるのはその影響で、例えば1978年に発刊された『あしびきの街で』には、柿本人麿からインスピレーションを受けて、朽ちていく番いの山鳥がモチーフとされている。また、1986年の『鞍馬寺』では日本に滞在した際の記憶をもとに、西洋的なものと東洋的なものを折衷させながら、美しい自伝的小説を書き上げた。

 

今年、2017年というのはビリー・ウォルターが亡くなってからちょうど20年の節目となる。この20年で、彼の愛した日本も大きく変わっていったが、もし存命ならば酷く嘆いているだろうことは想像に難くない。「また長い夜を、独りさびしく寝ることだろうか」と憂う姿。ビリー・ウォルターに花束を。さびしく一人眠ってしまわないように。

 

 

※フィクションです
 

リュックにTENGAを飼っている

先日TENGAを購入した。それからというもの、毎日使っているリュックにTENGAを入れて持ち歩いている。例えば野音で音楽のライブを観ている時もカフェでコーヒーを飲みながら原稿を書いている時も会社のデスクで編集をしている時も個室で打ち合わせをしている時も、そして偉い人に囲まれた会議の最中ですら、ぼくのリュックにはTENGAが入っている。TENGAのファーストインプレッションは、ぴりっとしていて少し窮屈という感じだったんだけど、今ではその滑らかさに舌鼓を打ってしまうような感じですらある。いくばくかTENGAはぼくに優しくなったし、ぼくとしてもTENGAのことを嫌うことはできなくなっている、というのが現在の心境であり真相だ。そうしてぼくはTENGAを飼いならし、今日もリュックの中に2本入れている。しかしTENGAとて、いつまでも飼いならされていようとは思っていないだろう。いつかぼくに対して牙を見せる時もあると思う。そんな時でもあの頃の気持ちを忘れずに、TENGAにとって優しいままの自分でありたい。それはぼくとTENGAに限った話ではなく、ぼくと他人の話にも置き換えられる。TENGAに優しくするということは、人に対して優しくできるということだ。家にはまだ無数のTENGAがあって、彼らはそれぞれたったひとつのTENGAである。「Royal We」でなく、個別のTENGAが存在しているだけ。明日もその中から、たったひとりのかけがえのないTENGAをリュックに入れて出社するだろう。気付けば、ぼくとTENGAはかけがえのない友人であり家族になっていた。これからぼくたちは、こう口ずさみながらともに人生を歩む。HOW DO YOU FEEL? 調子はどうなの? 手紙を書けよ、あてない言葉探すから。あとがきに添えてよSister、口ずさむのさHOW DO YOU FEEL、HOW DO YOU FEEL?

 

TENGA MEN'S CHARGE テンガ メンズチャージ【高純度エナジーゼリー飲料】

TENGA MEN'S CHARGE テンガ メンズチャージ【高純度エナジーゼリー飲料】

 

 

 

 

カープが優勝したら宿題は無しにする

目を閉じて、少し昔のことを思い出してみる。あれは確か小学校三年生の算数か国語の時間だった。まだ春の残り香のある5月。担任の先生は言った。「今カープは調子がいい」。僕はノートの隅に落書きをしながら思った。「それは5月だからだ」。先生は言った。「優勝したら一週間宿題無しにする」。2Bの鉛筆が僕の小さな手から転がり落ちる。ゆっくりと拾い上げ、机に置いて、僕は思った。「本当なのか。それならば応援しなくては」。

故郷の広島にある、万年Bクラスのチームが優勝したのは今から26年前。僕たちが2歳の頃だった。弟は優勝した年に生まれたから、当時まだ0歳。当然佐々岡の快投の記憶もない。山本浩二の存在も知らない。もちろん僕も、記憶なんて全くない。

「宿題を無しにする」。この約束はあれから19年経った今、万年Bクラス球団の優勝とともに権利を付与された。もちろん、もうあの学校には通っていないし、僕たちは大人になった。校門をくぐるのも事前のアポイントが必要だし、ランドセルを背負うこともない。ならば今抱えている宿題が無しになる?  NOだ。大人の世界に宿題はない(あるよ)。そうであるならば。僕たちは何を無しにすればいいのだろうか。ちょっと先生に聞いてこよう。

プレミアリーグはチェルシーが優勝した

f:id:karasumaoike1989:20170604235038j:image

 

今年のプレミアリーグを制したは、イタリアの名将アントニオ・コンテ率いるチェルシーだった。凋落していたチームをわずか1年で優勝させるコンテの采配には舌を巻くが、改めて感じたのは、昨年レスターという補強費を持たないチームが起こした奇跡の優勝は、二度と起きることはないということ。だからこそ、レスターの優勝を同時代に見ることができた僕たちは、たとえ彼らが作ろうとしていたNew ERAがもはや旧ERAになってしまったとしても、看板選手のマフレズが退団を表明したとしても、岡崎が毎年のように5点弱しかゴールを稼げなかったとしても、あの素晴らしき奇跡を胸に刻まねばならない。そう、これから永遠に続くマネーゲームとしてのフットボールの前では。

 

ドイツ・ブンデスリーガでは2部リーグから昇格したばかりのRBライプツィヒがサプライズを与えた。RBとはレッドブルの略で、このチームはオーストリアリーグ(レッドブル・ザルツブルク)に見切りをつけたレッドブル社がマーケティング調査を行った結果、人口の多さに反比例してサッカー熱が低く、既にあるフットボールチームが力を持たない街であるライプツィヒで新たな広告戦略をおこなうべく、地元のチームを買収しチャンピオンズリーグに進出できるよう綿密な戦略を組み上げた。一時はバイエルン・ミュンヘンを出し抜いてトップを走っていた時期もあったくらいの成果を残し、最終順位はまさかの2位を記録した。次のシーズンはCLにストレートインすることが決まっている。

 

ライプツィヒがレスターと重ねられていたのは、(金満オーナーのチームでありながら)大型補強をすることなく、若手選手や無名の選手を駆使した采配のため。ブンデスリーガはこれからしばらくバイエルンの王朝が続くのは間違いないが、マネーゲームに臨まないチームが上位に食い込むわずかな可能性を提示してくれた重要なシーズンであった。これも記憶に刻みたい。

 

f:id:karasumaoike1989:20170607013108j:image

 

ヨーロッパのプロサッカー界では、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン、少し前では先に挙げたチェルシーもだが、オーナーの移籍市場での巨額投資(あるいはクラブへの投資。練習設備など)による成功を見るにつけ、「勝利を金で買うのは悪」というアンチ・スポーツ的な議論がたびたびその国の大手メディアやサポーター間でなされる。

 

ライプツィヒやレスターのようなチームが今後出てくるかどうかは置いておくが、そもそも多くの古参ビッグクラブは事実、金で勝利を掴んでいる。金満オーナーが新たに経営権を握ったチームのみバッシングの対象となり、毎年優勝を争うような古参ビッグクラブ(ユナイテッド、バルセロナレアル・マドリードなど)に当てはまらないのは明らかに議論としておかしいところ。ひとりの選手に1億ユーロも支払ってしまうような非現実的な出来事が(これは今後現実的な出来事になっていきます)、成り上がろうと資金をつぎ込むクラブよりも悪だという見なされ方のほうに、少なくとも現実性のなさを覚えてしまう次第でございます。

(追:筆者はバレンシアファン)

潔癖症です

過剰な清潔社会と他者排除の関連について少し考えている。「清潔社会」に関する先行研究や新聞記事、学術雑誌などには、その結果としてアレルギーに弱くなった人が増えたというような、身体的な影響についての記述が多くみられた。

 

しかし同時に精神的な面ついての言及では、他者排除につながるのではないか、という懸念も述べられています。僕は理系ではないのでアレルギーや菌のことについてはよく分からなかったけれど、排除というのはなんとなくイメージできた。

 

清潔と排除というと、一見相関関係すらもないように見えますが、清潔に区画された団地で起きた事件や、 学校でのいじめ事件、浮浪者を襲撃する事件を見ていると(赤坂の『排除の構造』など)、そこには危うさのある、異物排除の構造が見え隠れしていると感じます。

 

自分の身体のにおいを無臭化してしまう社会、 他人を触ったものをも否定してしまう社会では、生のぬくもりが感じられず、現実性のない、虚構の社会に生きているという不安に襲われるのではないのかな、ということを考えています。そして、その虚構性こそが他者排除へつながるのではないだろうかと。この過剰清潔になった社会によって引き起こされる、排除の問題はとても興味深いと思うので勉強していきます。

知り合いに表情のない(感情を顔に出さない)人がいて、どんなときでも本当に表情がないのだが、結局表情なんてコミュニケーションのほんの一部で、大事なのはそれだけではない。もし怪我や病気で表情筋がまったく動かなくなって、言葉でしか意思や感情を表せない人がいたら、私たちはそのひとの紡ぐ言葉から意思や感情を読み取るわけだけど、たぶんその方がしっかりと意思の伝達ができるような気がする。豊かな表情は時に逆機能的に働いて、本当に大切なものを零してしまう。

編集者のメディア・ガイド(烏丸おいけ編)

  • イベント登壇:1000円〜/2h
  • イベント司会:2000円〜/2h
  • (メディア)コンサルティング:3000円〜/2h 
  • ブレスト参加:2000円〜/1h
  • クリエイター紹介:30000円〜/1人
  •  撮影:200円/3h  ※写ルンです
  • イラスト:1000円/1点
  • ラジオ出演:2000円/2h
  • カラオケ:5000円/2h〜
  • 飲み会:5000円/2h〜
  • 本を売る:500円/1冊〜

執筆 10000円〜/1記事    

面白そうだったり、知人の依頼ならばディスカウント及び無料でやります。

編集 7000円/1記事

面白そうだったらディスカウント及び無料でやります。

献本
DMに連絡ください。

 

大事なのはお金ではありません!心です!私たちは言葉を持った人間、言語によるコミュニケーションはお金さえ超えてしまうのです!クライアント様は神様。また、ツイッター以外からの連絡には一切応じません!ツイッターで宜しくお願い致します!ツイッターツイッターツイッター!@oikekarasuma